医療用部品の調達と機器開発を強力サポート

医療機器製造業 許可番号 11BZ 200171
高度管理医療機器等販売業 許可番号 第450101040002

TOP > 技術情報 > 加工成形方法紹介

加工成形方法紹介

  • 各種成形法・加工技術を組み合わせ集約することにより、さらに新しい製品を作り出します。

  • 複雑な形状の製品加工にも対応可能。少ロットに対応できるため、試作等にも最適な成形です

  • ビニールシートのウェルダー加工やPE・PP等の袋ものなども少ロットから製作いたします。

  • 複雑な形状を寸法精度よく、低コストで成形する最も能率的な成形法です。

  • 各種プラスチック素材の特性に合わせ、熱溶接加工、重合接着、溶剤溶接の加工法があります。

  • 工作機械を用いて製作図面通りに精密加工成形する技術。少ロット製品や大型製品などに適します。

  • ディップ法、焼付ライニング加工法などの加工に対応。1個からの製作も可能です。

  • 手術用手袋・バルン等薄肉の製品から、スポイトなど厚肉の製品まで製作できます。

  • 医療・食品・工業薬品などの広い分野のニーズに応え、さまざまな形状の容器があります。

  • 医療用品・極小品・薄肉品・高精度品などに実績があり、金属などとの複合化成形も可能です。

  • チューブ、パイプなど長尺のものを連続成形する方法で、さまざまな断面形状に対応します。

 

お問い合わせフォームはこちらから